真向法協会の紹介

沿革と活動

「真向法」は昭和8年、長井津(わたる)先生によって創案された健康法です。

当時先生は大病を患われ、身心共に奈落の底に突き落とされたような状態でした。そこで先生は、病気は治らないまでもせめて心だけでも救われたいとの思いから、仏典を読まれました。

その仏典の中に、仏弟子たちが釈尊に対して礼拝をしたというくだりがあり、その礼拝を毎日朝晩続けられました。ところが心の救いを求めて始めた礼拝でしたが、日が経つにつれて体にも多大な影響を与え、元の健康体を取り戻されました。

この体験をもとに先生は、病気で苦しんでいる多くの人々にこの妙法を伝えて、健康で過ごせることの喜びを分かち合いたいと発意され、それ以後は「救世救人・真向法」を標榜し、その普及に生涯を捧げられました。特に終戦直後は敗戦で打ちひしがれた日本人を激励するために、東京駅や大阪の街頭で莚(むしろ)を敷いて、通り行く人々に真向法を勧められました。

「要旨は、当協会刊、 「真向一途」より」

真向法の名称について

「真向法」は、その名前から受ける印象から「宗教ではないか」といった疑念を持たれる方もおられると思いますが、宗教とは全く関係ありません。純然たる健康法です。

この「真向」という言葉は、「物事に対して真っ向に取り組む」とか、「人生をひた向き無心に生きる」という意味を含んでいます。従って「真向法」とは、物事に対して真っ向に取り組む、または、人生を前向きに生きるために、健全な身心を涵養する健康法とご理解いただきたいのです。

真向法協会の組織について

「真向法」の普及母体は「公益社団法人真向法協会」です。昭和44年に当時の文部省(現文部科学省)より社団法人として認可、現在(2012/9月現在)は内閣府の認可を得て組織された公益社団法人です。

現在、44の都道府県に当協会の活動に協力する各都道府県実践活動グループ、「真向会」があります。その真向会の傘下には夫々教室等があります。実施者はおよそ百万人です。

真向法協会の活動について

わが国は今、世界に例をみないような高齢社会を迎えていると同時に、病人ではないが健康でもないという、いわゆる「半健康人」が増えているといわれています。そのために医療費の増大をはじめ、老人介護等さまざまな問題が大きな社会問題になっていることは、皆様もご存じのことと思います。

こういった時代背景のもと当協会では国民の健康はもとより、医療費の節減に寄与し、併せて「健康で明るく豊かで繁栄する健康長寿社会」を実現するために、啓蒙運動を全国的に展開しています。その取り組みとして下記のような活動をしています。

協会活動の業務

  1. 全国組織の指導管理
  2. 指導者の養成
  3. 段級・指導者資格の認定
  4. 毎年各地での全国大会の実施
  5. 認定校の承認
    真向法の正規認定校として、現在、和光大学にて真向法をテーマとした「健康体操学」を
    正規の学生講座として行い、卒業時には協会より「准士」を授与する。

広報活動

  1. 要望により各地に赴き、講演・講習を行う
  2. 広報紙 「健体康心」の月刊
  3. 書籍・解説書の頒布
  4. インターネットによる広報

真向法体操の指導(本部道場)

  1. 初心者講習会
  2. 真向法カルチャースクール
  3. 個人指導
  4. その他

▲ページトップへ

真向法
真向法の紹介
真向法体操を「知る」
真向法体操を「習う」
目指せインストラクター
単位獲得「放送大学」
真向法ひろば
その他
メンバー